make clean; make

Arch LinuxとWindows8.1をデュアルブートにしたときの備忘録

| Comments

このポストは

Windows8.1に対してWindows Updateしたところ、何だかわからないがデュアルブートしなくなって焦ったため、
直し方というか、そもそもどうやってデュアルブートにしているかをメモしておくための記事。

件のPCについて

以下のようなPCと、その中身の構成にしている。

– PC本体:Vaio Pro 13
– OS:Arch LinuxとWindows8.1のデュアルブート

デュアルブートのためにしたこと - まずは普通にArch Linuxをインストール

  • Arch Linux起動のためのUSBメモリを作成。ここはWindowsを使う。

USB Installation Media(日本語) - Arch LinuxのWiki なんかが参考になる。

  • Windowsを使ってLinux向けのパーティションを切る。

「管理」を使ってやる。ブート パーティンションを作成する - Microsoftのページ等が参考になる。
とにかく何か領域が空いていればいい。うちの構成では180GB程度確保した。
少なくとも30GBくらいいるかな?

  • Arch Linux起動用のUSBを挿した状態でPCを起動し、USBからのブートを行う。

あとは↑で作ったパーティションにArch Linuxをインストールしていく。詳しくはやはりArch LinuxのWiki参照。
– パーティションのフォーマット。割り当て可能領域はすべて割り当て。EFIパーティションにする必要はない。普通ので。
– /mnt にフォーマットしたパーティションをマウント。mount /dev/sda5 /mnt ← うちの環境の場合。
– chrootする。arch-chroot /mnt で。
– Arch Linuxのインストール。 pacman -S base base-devel とかやる。
– genfstab とかそういったことをこまごま行う。
– ブートローダのインストール。ブートローダにはgummibootを採用した。

1
2
3
mount /dev/sda2 /boot/EFI
cd /boot/EFI
gummiboot install

ここまでで勝手にデュアルブートしてくれたら嬉しかったが、そうはいかなかった(本来はこれだけでOKらしい)。
Vaioのせいなのか、Windowsのせいなのか。。

デュアルブートのためにしたこと - 無理やりgummibootを使わせる

上記までで何が起きるかというと、、、
どうやら、せっかくgummibootで設定したブートの設定がPC起動時になかったことにされてしまう模様。
つまりWindowsが問答無用で起動される状態に戻ってしまう。VaioのせいなのかWindowsのせいなのか。。。

この点をちゃんと解決するのは諦めました。
諦めて、Windowsの起動に使われるファイルをgummibootのものと置き換えることでデュアルブートを実現。。
一応、やれればいいや、ということで。

  • 先ほどのUSBからArch Linuxを起動し、無理やりgummibootを使わせるようにしにいく

– まず、EFIのパーティションをマウントする。

1
mount /dev/sda2 /mnt/boot/EFI

– Windows起動用のファイルとgummiboot起動用のファイルを置き換える。

— Windows起動用のファイル … /boot/EFI/Microsoft/boot/bootmgrfw.efi
— gummiboot起動用のファイル … /boot/EFI/gummiboot/gummibootx64.efi

上記のWindows起動用のファイルを、gummiboot起動用のファイルで上書きしてやると、、、
次回のPC起動時には、OS選択の画面が表示されるはず。上書きする前にバックアップしてあげてね。。。

Windowsアップデートのときに、bootmgrfw.efiが更新されちゃうことがあるっぽい

だのでWindowsアップデートでデュアルブートができなくなったりするんだろう。
デュアルブートできなくなったら、いちいちgummibootx64.efiをWindows起動用のファイルに上書きしてやる必要がある。

これでWindowsアップデートも怖くない!

Comments