make clean; make

日本語入力のための設定メモ for Arch Linux

| Comments

IMはずっとibusを使ってきたのだが、なかなか設定に融通が効かないというか、なんというか。
具体的な要望としては、

  • mozcを使いたい
  • Alt + Space でIMEを切り替えたい(Direct Inputと日本語入力をトグルする)

という二点なのだが、後者の「Alt + Space」というキーバインドを設定する方法がわからず。。。
きっとやり方があるというか、いままでごまかしごまかしやってきたのだが、
ついに気持ち悪さが先に立って、「やめてやるわ!」となったところ。

で、IMとしてUIMを使ってみた。uim-mozc。
そしたらいともたやすく Alt + Space でのトグルが設定できちゃったもんだから拍子抜けというか。
はじめからこれ使ってれば良かったね!しばらくこれでいきます。uim-mozc。

備忘録的に、設定方法のメモ。
Arch Linux向けです。

基本的にはWiki参照

ブログに書いた内容というのはいずれ時代遅れになるので、、、
やはり、Arch Wikiのuim-mozcの設定方法を参照するのが確実。
うちもこれでいけた。

インストールしたパッケージ

  • uim
  • uim-mozc

設定箇所

  • .xinitrc の記載

.xinitrcに以下を追記。uimを使う設定ですな。

1
2
3
4
5
# uim
export GTK_IM_MODULE='uim'
export QT_IM_MODULE='uim'
uim-xim &
export XMODIFIERS='@im=uim'

uimの設定

uim-pref-gtkで設定画面を出し、色々設定する。

  • 「Global settings」の設定。

– Specify Default IMにチェックを入れる。
– Default input method を Mozc にする。

  • 「Mozc」の設定。

– Default Input modeはDirect Inputに。
– ついでにVIM協調モードも有効にしておく。

  • 「Mozc key bindings」の設定。

– [Mozc] on/off、両方に"<Alt>space"を設定。

ここまでで

Alt + Space でDirect Inputと日本語入力がトグルできるようになった。
チャンスがあれば、他のIMも試してみよっかな。

Comments