make clean; make

Raspberry Piにて、リモートからLチカさせてみた

| Comments

Raspberry Piをリモートから制御する第一歩として、
ネットワーク越しに、AndroidアプリからLチカさせてみる、をやってみた。
いまのところ実にしょうもないレベルであるが、最初は誰もがしょうもなかったと言い聞かせつつ、
やったことを公開しつつ、どんなあんばいだったか記録しておこうと思う。
ちなみに、ここでいっているLEDとは、Raspberry Piボード上のLED "ACT" を指している。
ブレッドボードやらそういった類の何かは使っていない。

構成

  • Raspberry Pi (OSはArch Linux) 有線LAN接続
    • Railsが動いていて、REST APIを公開している。
    • REST APIを叩くことで、LEDのON/OFFを制御するスクリプトが動作し、Lチカを実現する。
  • Androidアプリ
    • ボタンが2個ついてるだけの超絶シンプルアプリ
    • ONボタンを押すとLEDを点けるほうのREST APIを叩きにいく。
    • 同様に、OFFボタンを押すとLEDを消すREST APIを叩きにいく。
    • 対向機のIPアドレスはまさかのハードコーディング。

ソースコード

  • Raspberry Pi側のソースコードはこちら。Railsアプリ。
  • Android側のアプリは後ほどアップロード(手元になかった)。

今後に向けてメモ

  • Railsアプリは、スクリプトへのパスがハードコードされていたりしてだいぶ恥ずかしいので、そのうち直す。
  • というかファイルI/OすればLチカできることがわかったので、もはやスクリプトを使う必要はなかった。そのうち直す。
  • 応用して、自動草花への水やり機の作成を目論んでおく。できたら画像と共にアップロードしよう。
  • カメラと合わせて、水やりしつつ、草の成長記録をツイッターに投稿する、というのもいいかもしれない。
  • ツイッター越しに命令(水やり、写真撮影、等)を発行できるようにしてもいいかもしれない。

Comments