make clean; make

Cocos2d-x + Travis CI + DeployGate

| Comments

前回の記事にて、cocos2d-xでのアプリ作成とTravis CIを連携させるとこまでいった。
今回は成果物であるAPKをDeployGateにアップロードするところについて書き留めておく。

だいたいのやり方

  • ビルドが成功したらcurlコマンドにてDeployGateにAPKをアップロードする。
  • アップロードにあたってDeployGateのAPI Keyが必要になる。DeployGateにログインして個人設定的なところを見れば載っている。
  • API Keyは.travis.ymlに書くことになるが、そのまま載せちゃうとセキュリティ的に問題なので暗号化する。
    • 暗号化にはtravisコマンドを用いる。

ちょっと細かいやり方

まずはAPKアップロード成功後の.travis.ymlを載せておく。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
language: android

# Handle git submodules yourself
git:
    submodules: false

env:
  global:
    secure: "TeSR8JLJd2Z0erCxcgLinC+me5SfwpgcCNwiTsqXn09erOgos2+mUbVQaSyo7Bw4OF4TmNpejX+jETd/lL4fTiWRDw6NW/cqEelk57fXJ5mmf5ey+tB1EkMFwd8x7Fw2vBe4xtO8KeohI6D1Gtu1qTYU9t9x4bhAd4qL15Y5osE="

install:
# NDK configuration
    - printenv
    - echo `pwd`
    - wget http://dl.google.com/android/ndk/android-ndk-r10d-linux-x86_64.bin
    - chmod a+x android-ndk-r10d-linux-x86_64.bin
    - ./android-ndk-r10d-linux-x86_64.bin -y | grep -v Extracting # because log will be too long!
    - export NDK_ROOT=`pwd`/android-ndk-r10d
    - echo $NDK_ROOT
    - export PATH=$PATH:$NDK_ROOT
    - echo $PATH

# Android SDK configuration
    - export ANDROID_SDK_ROOT=/usr/local/android-sdk
    - export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/tools:$ANDROID_SDK_ROOT/platform-tools

# git submodule
# Use sed to replace the SSH URL with the public URL, then initialize submodules
    - sed -i 's/git@github.com:/https:\/\/github.com\//' .gitmodules
    - git submodule update --init --recursive

# cocos setup 
    - cd ./cocos2d
    - python download-deps.py --remove-download=yes
    - python ./setup.py
    - export COCOS_CONSOLE_ROOT=`pwd`/tools/cocos2d-console/bin
    - export PATH=$PATH:$COCOS_CONSOLE_ROOT
    - export COCOS_TEMPLATES_ROOT=`pwd`/templates
    - export PATH=$PATH:$COCOS_TEMPLATES_ROOT
    - export ANT_ROOT=/usr/share/ant/bin
    - export PATH=$PATH:$ANT_ROOT
    - printenv
    - cd ..

script:
    - cocos compile -p android -j 8

after_success:
    - echo $TRAVIS_BRANCH
    - echo $TRAVIS_PULL_REQUEST
    - '[ "$TRAVIS_BRANCH" == "master" -a "$TRAVIS_PULL_REQUEST" == "false" ] && curl -F "file=@./bin/debug/android/KonaReflection-debug.apk" -F "token=${DEPLOYGATE_TOKEN}" -F "message=Deploy from Travis CI" https://deploygate.com/api/users/pankona/apps'

前回からの変更点(APKアップロードのために追加した部分)

前回から増えたり変更したりしたのは以下。

1
2
3
env:
  global:
    secure: "TeSR8JLJd2Z0erCxcgLinC+me5SfwpgcCNwiTsqXn09erOgos2+mUbVQaSyo7Bw4OF4TmNpejX+jETd/lL4fTiWRDw6NW/cqEelk57fXJ5mmf5ey+tB1EkMFwd8x7Fw2vBe4xtO8KeohI6D1Gtu1qTYU9t9x4bhAd4qL15Y5osE="
1
- '[ "$TRAVIS_BRANCH" == "master" -a "$TRAVIS_PULL_REQUEST" == "false" ] && curl -F "file=@./bin/debug/android/KonaReflection-debug.apk" -F "token=${DEPLOYGATE_TOKEN}" -F "message=Deploy from Travis CI" https://deploygate.com/api/users/pankona/apps'

後者の部分で、${DEPLOYGATE_TOKEN}という環境変数を参照しているが、これを設定しているのが前者の部分。

DEPLOYGATE_TOKENの暗号化

以下のコマンドでDeployGateのAPI Keyを暗号化する。

$ gem install travis # travisコマンドを使えるようにする。
$ travis encrypt DEPLOYGATE_TOKEN={My DeployGate API Key} # DeployGateで確認したAPI Keyを暗号化するコマンド(中括弧はいらない)。

このコマンドで得られた文字列をそのまま.travis.ymlに貼っつければOKである。

いつアップロードするか

以下の条件を満たした場合のみ、APKのアップロードを行うようにした。
これは、Pull Requestがmasterにマージされたとき、を意味している(つもり)。
"$TRAVIS_BRANCH" == "master" -a "$TRAVIS_PULL_REQUEST" == "false" ]

これをやっとかないと、ブランチにコミットをPUSHしたタイミングだったりPull Requestを作ったタイミングだったり、でアップロードが走る。
個人的にはやり過ぎ感があったので、APKはmasterからだけ作ればいいやという制限を施した。

これがそこそこ楽だと思います

AndroidアプリにAPKをいちいち頑張って転送しなくても、開発中アプリをインストールすることができるようになった。
ちなみに、アップロードされたAPKはDeployGateアプリ経由で取得することになる。

今回はここまで。

Comments